カーテンのお手入れに関しては大阪府堺市のインテリアひらくへお任せください。

  • Home >
  • カーテンのお手入れ方法

カーテンのお手入れ方法

カーテンの汚れの原因は空気中のホコリやタバコのヤニ、キッチンの煙などです。お部屋のお掃除と一緒にホコリを取っておきましょう。

掃除機がけをする前にハタキをかける。あるいは洋服ブラシでブラッシング。また掃除機の先に隙間ノズルをつけてホコリを吸い取るのも効果的です。ホコリの溜まりやすいヒダの部分を重点的に掃除しておきましょう。

また、カーテンレールや窓周りの掃除も忘れないようにしましょう。カーテンレールの汚れは、カーテンへ移りやすいだけでなく、ホコリやゴミが水分を含むことで、カビも発生しやすくなります。また、結露もカビや汚れの原因になりますので、お気をつけください。

カーテンの洗濯方法

ウォッシャブルマーク

ウォッシャブルマーク

ドーレプカーテンは年に1回、レースカーテンは年に2〜3回が洗濯の目安となります。長い間洗濯をしないと汚れが落ちづらくなるだけでなく、繊維が劣化し穴が開いたりする恐れもあります。

洗濯表示を必ずご確認して表示に従ってお洗濯してください。ウォッシャブルマークのあるカーテンならご家庭の洗濯機で丸洗いできます。

洗濯機を使用する場合

  1. カーテンのホコリをよくはらってからフックを全部とります。
  2. 屏風たたみにしたカーテンを洗濯ネットに入れ、1〜2枚づつ洗います。
  3. 水量は「最大」、水流は「弱水流(ソフト洗いコース、ドライコースなど、お持ちの洗濯機の説明書をご覧ください。)」に設定し、40℃以下のぬるま湯か水で洗ってください。
  4. 洗剤は普段お使いになっている洗剤か、デリケートな衣類用の中性洗剤をご使用ください。
  5. すすぎの際に柔軟剤を入れるとキレイに仕上がります。
  6. 脱水は短時間(30秒〜1分程度)でおかけください。

手洗い・つけ置きの場合

  1. 30℃以下のぬるま湯か水でやさしく押し洗いしてください。もみ洗いはシワの原因となりますのでおやめください。
  2. そのあとは洗濯機洗いと同じです。
  3. 汚れがひどいカーテンについては「つけ置き洗い」をオススメします。50℃〜60℃以下のお湯に30分〜1時間程度つけた後洗濯機か手洗いで洗濯します。

乾燥方法

  1. かけてあったカーテンレールに戻して吊り、そのまま自然に乾燥させるのがもっとも適切な方法です。(水分を含んだカーテンは非常に重くなっておりますので、ご注意ください。)
  2. 水滴で床が濡れないように注意してください。
  3. 屋外で干す場合は必ず陰干しにします。
  4. 吊ったあとは全体を軽く下に引っ張り、寸法を合わせて全面を手で叩いてシワを伸ばします。
  5. 乾燥機の使用は縮みの原因となりますので避けてください。

このページの先頭へ